Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

生きてますよ~、フランスで。

仕事でフランス南部にやってきました。ここで起こるたわいもないことを書いていきます。

sashimi in France

グルメ

当初、海外では生の魚は食べられないのではと諦めていたのですが、想定外にSUSHIショップが乱立していました。が、日本人がやってる店は少ないですね。聞いたところによると多くの中華料理屋がブームに乗って店をSUSHIショップに変えたそうです。どうもおいしい中華料理屋が少ないと思ってたら、そういう理由だったわけね。

そんなSUSHIショップで刺身にされている魚といえば、サーモン、マグロ、あと得体のしれない白身魚。サーモンは結構おいしく食べられます。マグロは時たま鮮度に問題があるけど、まあまあいけます。こっちの人は肉の好みと同様、脂身のすくない赤身のマグロを好んで食べるようです。

こっちに来た当初はこっちの魚に関する知識もなく、安全性を考えて刺身は控えてきましたが、そろそろ限界、、、というわけで最近は刺身にできそうな魚を買っては試しています。今のところ当たったことはないです。

今日はpagreと表示されていた鯛に似た魚をカルフールで買ってみました。以前にdorade royaleという鯛を買って刺身にしたことがありますが、同じように超身がやわらかくてなかなかきれいな刺身の形になりませんでした(さばき方が下手なだけかも)。でも味は鯛っぽかったです。半身を刺身にして、あらともう一半身はオーブンで塩焼きしました。